窮屈でない広い空間は夢でした

新築を作った時に、なんといっても気持ちの良い広い空間作りができたことが嬉しかったですね。そのことは、多くの人が新築を作った時に感じることではないでしょうか。
以前にマンション暮らしだったときは、そのことが夢でした。自宅に帰ってきても、なんとなくモヤモヤとした感じがあったのです。自宅にいても、狭いのでストレスが溜まると思っていたのです。主人や子供達と一緒に過ごすことができるリビングも、やっと家族が入れる空間となっています。そのため、とても窮屈なのです。やっぱり空間というのは、とても大切と思った事でした。
しかも家具がぎゅうぎゅうにあるので、そのことも嫌でしたね。新築では、備え付けとして家具を作ることが出来て、より広い空間があります。そのように自由に作って、自由に感じることがきるのは最高の気分です。以前のマンション暮らしには、決して戻りたくありません。もしもの時も一戸建てとして、新しく引っ越す場合は住みたいと思っています。